育毛シャンプーの選び方

種類があるので、選択基準も存在する

将来、いつまでもふさふさでいたいと思っている男性の人も多いだろう。ただここでは一旦男性に焦点を定めて話をしているが、最近では女性も男性が常に恐怖を覚えている状況になる人も多くなっている事を考えていれば、対岸の火事とは思わずにいてもらいたいことを少し述べておく。

シャンプーやコンディショナーを使用する時は成分に気をつけたいと述べたが、そういった商品を自分は使うべきかどうかをまずは知る必要がある。人間期期間を持っているのとのいないのとでは、意識的な持ち方が根本から異なる。自分の頭皮が非常に危険な状態になっていると分かれば、それこそ先に紹介した高級シャンプーの購入も躊躇わないだろう。また中には育毛関係の商品を手当りしだい行入する、といったこともあるかも知れない。

では自分の頭皮や髪が将来的に見ても、今後もずっと草原状態でいられるかどうかを知るためにはなにか手段があるかどうかそこを知っておこう。

簡単にできる頭皮チェック

現在自分の頭皮がどんな状況で、どのくらい襲来してくる可能性がある危険から回避できるかを知るための手段として、ポイントは2つある。『抜け毛』と『頭皮の状態』を自己診断で知ることができる。どんな基準で調べればいいのかだが、診断について少し話をしていこう。

一日の抜け毛本数

人間の髪は毎日抜け毛が発生する、標準でも成人の場合は一日『50~60本』と言われています。そんなに抜けているのかと不安にかられる人もいるかもしれないが、人間の髪は10万本生えそろっているため、その一部が抜け落ちていると思えばそれほどでもないだろう。貴重なお上が抜けるなんて前代未聞だろう、などと豪語する人が出てくることもあるかもしれないが、さすがにそこまでは筆者に言われても、原理として必然となっているためやむを得ない。

この抜け毛が標準以上、目安として『100本』以上抜けて落ちるようになったら、黄色信号が点滅しかけている状態になっている。最近抜け毛が増えた、もちろん一日にどれくらい抜けたかを測定することはできないものの、おおよそ自分の髪がどんな状態にあるのか確かめてみよう。

今回短い髪の人に関して言えば、排水口にガーゼを敷いて細かくチェックすればいい。そこまでの労力を惜しみたくないというのであれば、こちらとしても強制はしないので体感で感じるくらいで十分だろう。

固い、ぶよぶよがまずい

次に頭皮の状態はどの程度になっていたら、もうすぐ赤信号が点滅する直前だと思っていい状態が、『頭皮が固い』、もしくは『ぶよぶよ』していたらまずいという。チェックの仕方として、両手の指を頭皮に当てて、指の腹で全体をマッサージするように前後左右に動かした時、上記のような状態が出たら入念な頭皮ケアが必要になっている合図だ。

まだそこまで気をつけなくてもいい状態は、全体が軽く動く程度であればいい。また頭皮の色が『青白い』、もしくは『赤黒い』ものだった場合には、色々とまずい状況にあるため、専門家に相談した方がいいだろう。

育毛シャンプーの種類から見つける

育毛シャンプーといっても、一つの種類に限定されるわけではない。使用していない人にしてみれば中々わからない世界でもあるため調べてみると、育毛シャンプーとは、複数の種類が存在しているという。その中でも代表的な育毛シャンプーについて、紹介していこう。

育毛シャンプーの種類

・アミノ酸シャンプー
育毛シャンプーの中では一般的なもので、皮脂を完全に取り除かないタイプとなっている。頭皮には適度に皮脂も残っていなければならないため、愛好者には一番愛されている商品となっている。
・石鹸シャンプー
頭皮や髪に優しいシャンプータイプで、成分としては問題ないが、強力すぎるため皮脂を完全に取り除いてしまうのが難点となっている。そのため、皮脂の分泌が人より多いなどの人に最適な商品となっている。
・アルコールシャンプー
泡立ちが非常によく、薬局などでも取り扱っている店舗が多い商品となっている。デメリットとしては刺激が強いこともあって、頭皮を傷つけてしまうこともあるため、使い方には十分注意位したい。
髪は長い友達

「痛い!」と歯を食いしばる施術は、カラダにとってかえってストレスに。かといって、「痛くない」=「弱いだけ」では意味がありません。整体 渋谷代官山コンディショニングは心地よいソフトな手技で施術いたします。