男のヘアケア事情

間違ったケアで終焉間近!?

ここまでは男女共通とも言える話題について触れてきたが、ここからは男性に焦点を絞った話へとシフトしていこう。お気づきかと思うが、あえて男性にとって一番想像したくない結末について、遠回しな表現をしているのはわざとではなく、意図的な行為だ。ただそんな最悪すぎるシナリオなど男女とも、誰も自分が邂逅したいとは考えていないだろう。ただどうしてもその道筋がすでに宿命付けられている人が少なからず存在しているのも、科学的に決定づけられているためどうにもならない。

頭からお天道さま状態になるのは突発的に発生することもあれば、遺伝的に継承され続けている血縁の特徴になっているという、何ともあてつけられたくないステータスだ。ただそうした遺伝子レベルから未来を想像できるならまだしも、中にはどうしていきなり自分が、なんて人もいるはず。髪はストレスなどの外的要因などにも非常に弱く、そのせいで髪がだんだんと面積を失い始めている人については、根本からの原因を取り除くことに限る。しかしそれでも解決しない人がいるはず。その原因、実は普段から行っているヘアケアのやり方が間違っているかも知れないというのをお気づきでしょうか。

男性・女性、ヘアケアについて誤った知識は伝播しやすいが、男性にとって実はこれは使ったら危ないというヘアケアがある。

フケ・痒みが出る人は

頭皮のトラブルといって必ずしも最後の瞬間ばかりがその例に該当するわけではない、髪のトラブルといえばいろいろな問題が噴出することもある。一例としてあげると、痒みやフケなどが発生することだ。単純に日頃から行っている洗髪で洗い流しがあるだけではないのか、なんて意見も出るだろう。無論それも関係しているはず、シャンプーにしても、コンディショナーにしても、トリートメントにしても、頭皮に少しでも液剤を残していたらトラブルの元になりやすい。しかし人間とは楽をしたい生き物で、このくらいでいいだろうと自分の中で目安が立てられてしまうと、そこに達したという気分になっただけでやめてしまうものだ。

しかしそれならやり方そのものを改善すればトラブルから逸脱できるだろう、ただ男性の場合それでも改善しないという事例が出てくる。問題は何処にあるのか、それは毎日使用しているシャンプーなどにあると言われている。特に問題とするべきなのはシャンプーではなく、コンディショナーとトリートメントにその原因があるだろうと言われている。

髪の短い人ほど、コンディショーなども不要

コンディショナーやトリートメントを使用すること事態には問題はない、気をつけたいのは成分だ。実はシャンプーも含めた成分の中で一番男性、中でも短い髪の人に強烈なダメージを与えることになりかねない物がある、それは成分の中に含まれている『ツヤを出すコーティング剤』が頭皮にとって負担になってしまう。コーティング剤が頭皮にとって負担を与えることはなんとなく理解できるだろう、そもそも髪の長い人向けに成分として配合されたものなので、髪が短いと余計なダメージを伴ってしまうかもしれないと思ったら、常日頃から髪のためと思ってコンディショナーなどを使用していた人にとっては、ある意味強烈な精神的ダメージが与えられるだろう。

元は髪の長い、つまりは女性を購買層にターゲットした商品となっているため、男性が使用するにはまずは含まれている成分をよくチェックすることから始めたい。

男性は頭皮ケアを重点的に

では男性のシャンプーなどはどんなものを購入すればいいのか、それは髪が短い人は『頭皮ケアをするシャンプーやコンディショナー』などを購入するといいと言われている。つまりは、育毛シャンプーが最適ということだ。通常市販されているシャンプーなどは髪が短い人向けに製造されたものではないため、特に刈上げている人などは男性用スキンケア商品が展開されている棚に用意されているシャンプーなどを購入したほうが、一般的にはいいと言われている。

ではそれを購入しよう、とはさすがに進められない。どうしてか、単純に言えば値段が通常のものよりも割高に設定されていることが多いからだ。またそこまで髪に困っていない人にしてみれば、そこまで急ぐ必要もないだろうという人にも強制してこれを購入しろとは、さすがに言いにくい。将来的なことを考えれば購入しても公開はないといえるだろうが、言うなれば後は自己責任の問題といったところだろう。